月夜の雑貨店

スポンサーリンク
Pocket
Facebook にシェア

 

今日は、フクロウの置物のご紹介です。

玄関や庭先にフクロウの置物を置いているお宅を見かけますよね。

カエルの次くらいに見る気がします。

ここでフクロウのいわれをご紹介します。

ふくろうが縁起物として、非常に人気があるのにはさまざまな理由があり、日本国内にとどまらず古代ギリシャ神話にも登場します。
古代ギリシャ神話によると、ふくろうは知恵の女神の遣いで森の賢者とも呼ばれていたため、知恵の象徴として言い伝えられています。
霊的な力も持っているといわれており、その知恵を持って森と人間を悪霊などから守っているといわれています。
他にはギリシャやメキシコでも富の象徴として、置き物を家に飾るなど縁起の良い鳥として親しまれています。
日本では昔から、ふくろうはぐるりと首が回ることから、「借金を背負って首が回らなくなる」ということがなく、暗闇の中でもよく目が見えることから「商売繁盛」や「招福の縁起物」といわれています。
また、ふくろうにはさまざまな当て字が当てられているようです。
「不苦労」は苦労知らず、中華屋料理店に良く見かけることのある「福龍」は、福をまとめるという意味で、中華圏では縁起の良い名前とされています。
「福来」は福がやってくる、「福老」は幸福に年をとる、という素敵な意味ですね。
当て字のようですが「福来朗」は福が来るのを呼ぶという意味があり、古くから世界や日本において、ふくろうは縁起物として親しまれてきたようです。

 

置く場所も玄関やリビングなどの、人の目に触れるところが良いみたいですね。

フクロウの向きは、入って来るときにフクロウが見えるように置いた方がいいようです。

方角的には西がいいそうです。

 

 

こちら、びっくりしました。@@  なかなか高級感があると思いませんか。

材質は樹脂のようですが、一見、石のようにも見えます。

 

サイズ :
高さ 約41cm
横幅 約16cm
奥行 約16cm

素材 :硬質樹脂

 

41センチって意外と大きいのですね。

存在感たっぷりで、人に見られても恥ずかしくない大きさだと思います。

 

お値段も3,456円って半端な気もしましすが、決して高くないですよね。

ガーデンオウル フクロウの置物 ふくろう 梟 アンティーク 雑貨 アンティーク風 不苦労 オブジェ 縁起物 招福 グレイ グレー

価格:3,456円
(2019/3/14 17:45時点)
感想(0件)

アンティーク好きなわたしとしては、アンティーク風と言うのに惹かれます。

不苦労=フクロウ

苦労知らずという縁起ものです。

 

 

 

Pocket
Facebook にシェア

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました